雷鳥通り行き その5

薄暗い朝


六月上旬白馬岳行き二日目 明るくなってから白馬山荘を出る 小屋の裏のお花畑に雄雷鳥が居ました


バックは旭岳 彼が写っているのが解るかな さて頂上に行くか


頂上から小蓮華山に下っていくと 遠くの雪渓に雄雷鳥が居ました


三国境を下る手前にも雄雷鳥が 昨日のつがいの彼氏かな


三国境を過ぎ鞍部まで来ると また雄雷鳥が居ました


近くには雌雷鳥も居ました これはつがいだね


仲良しな二人


見張りを続ける雄雷鳥


鞍部から少し進んでいくと また雄雷鳥が 昨日見掛けたのと同じだな


まだ雪深い北アルプス北部 続く


コメント

このブログの人気の投稿

君の名はの御神体の地

ゲーロのつがい

夢の中へ